立花家史料館 Tachibana Museum

ホーム  >  講座と催し  >  イベント情報  >  過去の主なイベント
イベント情報

立花宗茂と誾千代 -葉室麟『無双の花』朗読イベント-

このイベントは終了いたしました。

立花宗茂と誾千代

直木賞作家・葉室麟の描く関ヶ原その後。小説の舞台となった柳川の地で、遂に作家と武将が出会う。紡がれた言葉は声に乗り、400年の時を超えて、あなたを物語の世界へ誘います。

日時2016年11月13日(日) 13:55〜16:00
13:10開場

場所:柳川総合保健福祉センター「水の郷」水の郷ホール
(柳川市上宮永町6番地3)

出演者:葉室麟

朗読イベントキャスト
立花宗茂(立花家史料館スペシャルサポーター/熊本城おもてなし武将隊)
橋本あかね(観光柳川キャンペーンレディ水の精)
加藤清正(熊本城おもてなし武将隊)
黒田官兵衛(熊本城おもてなし武将隊)
島津義弘(熊本城おもてなし武将隊)

入場料:無料(要整理券)

申込方法
入場整理券の募集は終了いたしました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

第2回 立花家史料館スペシャルサポーターイベント
―雷切丸と新演舞「月高忠心」お披露目―

このイベントは終了いたしました。

このイベントに合わせて「立花家史料館友の会」リニューアルを記念し、熊本地震被災者支援のためのチャリティー公開受付をいたしました。
6月4日、5日に渡って32名の皆さまにご入会いただきました。入会金合計16万円分を、立花財団より熊本市、熊本県の被災者の方々へそれぞれの自治体窓口を通し、義捐金として送らせていただきます。
ありがとうございました。

立花宗茂さん

熊本城おもてなし武将隊で当館スペシャルサポーターとして活躍中の立花宗茂さんが愛刀新雷切丸と共に柳川で里帰りイベントを開催。
史料館前広場で、新演舞「月高忠心げっこうちゅうしん」のお披露目を行います。

新雷切丸

また、名勝立花氏庭園と立花家史料館をより楽しんでいただく「立花家史料館友の会」リニューアルを記念し、新規会員のチャリティー公開受付をいたします。当日ご入会いただいた入会金全額相当分を、熊本地震被災支援の義援金・寄附金とさせていただきます。

また、当日開催中である特集展示「よくわかる刀剣のみかた -柳川藩主立花家伝来の刀剣-」にて公開中の雷切丸についても、スペシャルサポーターの宗茂さんと一緒に活躍中のキャラクター「立花雷切丸くん」の里帰りとして楽しい雰囲気の中、立花家史料館館長とご紹介いたします。

催行日2016年6月5日(日)

参加費:無料

場所:柳川藩主立花邸御花 史料館前広場
※雨天の場合、会場が室内に変更になりますが、HP上でお知らせいたします。

主催:公益財団法人立花財団

出演:熊本城おもてなし武将隊 立花宗茂

司会進行:立花家史料館 館長 植野かおり

当日スケジュール
14:00 新演舞「月高忠心」お披露目、トーク、写真撮影タイム
14:30 友の会チャリティー公開受付
15:00 終了

1. 14時からの立花宗茂ひとり演舞は、新演舞「月高忠心」だけでなく、「虎嘯風生」特別版など、この日限りの特別構成となっております。

2. 4日5日の両日「立花家史料館友の会」にご入会いただいた方でご希望の方は、5日 14:30から特設会場ブースにてスペシャルサポーターの立花宗茂さんから新カードと記念品をお渡しいたします。

 ※受付をスムーズに進めるため、事前に史料館受付もしくは会場ブースにて申込書に記載の上、入会金をお納めいただきますようお願いいたします。会場ブースでは、領収書のご呈示で、ご本人様確認をさせていただきます。

3. 6月5日限りの特選「月高忠心」弁当(¥1,620税込)のご予約を受け付けます。お申し込みは柳川藩主立花邸御花までお電話で、もしくは直接ホテルフロントまでお声かけ下さい。お食事会場はホテル2階元禄の間です。(柳川藩主立花邸御花:Tel 0944-73-2189)

4. 史料館前の黒田屋菓子店さんでは、当日限り10時から「月高忠心」焼き菓子セット(¥500税込)の販売をしております。箱の中に当たり券が入っている方には立花宗茂のシークレットスイーツを店内でサービスいたします。

5. 御花ホテル宿泊プラン「月高忠心」は、5日(日)宿泊分のみ、お部屋が残りわずかとなっております。ご希望の方は直接ホテルフロントまでお問い合わせ下さい。

立花家史料館21周年記念 初代柳川藩主・立花宗茂イラストコンテスト

初代柳川藩主・立花宗茂イラストコンテスト(テーマ「立花宗茂、○○の地に立つ」)に多数のご応募ありがとうございました。審査結果は以下の通りです。

各賞受賞者

イラスト部門【対象:中学生以上】〈応募総数 23点〉
賞・副賞 受賞者・テーマ 受賞作品
千熊(せんくま) 1名
柳川藩主立花邸御花
ペア宿泊券(2食付) 
みっちょん さん
「立花宗茂、筑後平野を駆ける」
イラスト
百熊(ももくま) 2名
柳川藩主立花邸御花
お食事券
近藤 加奈子 さん(上)
「立花宗茂、今も柳川の人々の心の中の地に立つ」


nei さん(下)
「立花宗茂、関ヶ原へ出立前の陣の中に立つ」
イラスト
イラスト
柳川市長賞 1名
柳川市の特産品
株式会社 高橋商店 野田 栞奈 さん
「立花宗茂、関ヶ原の地へ」
イラスト
豊後高田市長賞 1名
豊後高田市の特産品
たまさん
「立花宗茂、大津の地に立つ」
イラスト
「大関ヶ原展」賞 3名
展覧会オリジナルトートバッグ入り展覧会図録・クリアファイル
添田 一平 さん(上)
「立花宗茂、大地に立つ」


まきた さん(中)
「立花宗茂、岩屋城跡に立つ」


鈴彩 よーこ さん(下)
「立花宗茂、凱旋。柳川の地に立つ」
イラスト
イラスト
イラスト
小・中学生絵画部門【応募資格:小学1年生〜中学3年生】〈応募総数 255点〉
※この部門に応募された方全員に参加賞をお送りいたします。
賞・副賞 受賞者・テーマ 受賞作品
柳川市長賞 1名
柳川市の特産品
池末 吏輝 さん
「立花宗茂、柳川の地に立つ」
イラスト
大木町長賞 1名
大木町の特産品
横田 千宙 さん
「立花宗茂、誾千代姫さまの前に立つ」
イラスト
豊後高田市長賞 1名
豊後高田市の特産品
早田 明日香 さん
「立花宗茂、桂陽の地に立つ」
イラスト
柳川市観光協会会長賞 1名
柳川市の特産品
近藤 奈円 さん
「立花宗茂、川中不動の地に立つ」
イラスト
「大関ヶ原展」賞 1名
展覧会図録・甲冑カード
清輔 晃太郎さん
「立花宗茂、夜の地に立つ」
イラスト
こどもぬりえ部門【応募資格:小学3年生まで】〈応募総数 654点〉
賞・副賞 受賞者
三柱神社賞 20名
図書カード
しげまつ りん さん
いたいりんか さん
たなか はあや さん
あらまき こうき さん
あかみね ちかのすけ さん
くどう るお さん
ざいぜん ゆずき さん
まき すずか さん
いとう しゅうか さん
ひらおか たくみ さん
あなせ ひかり さん 
あべ あまね さん
あらた たまき さん
おかざき あや さん
くさの せりな さん
しもじゅう ひまり さん
すが ひまり さん
すずき りりあ さん
わら しえら さん
みなみ あいり さん
「大関ヶ原展」賞 10名
武将缶バッチ
ながおか そらな さん
とくべ はると さん
みき さくら さん
のなか あずさ さん
まっとり みつき さん
あべ こころ さん
いの ゆい さん
じんの まゆこ さん
まつざき いちか さん
みやべ しゅり さん

特別審査員

葉室 麟氏

葉室 麟(はむろりん)氏
1951年、北九州小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2007年『銀漢の賦』で松本清張賞を受賞。2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞。同年受賞第一作として立花宗茂の後半生を描いた『無双の花』が刊行される。

大久保ヤマト氏

大久保ヤマト氏
漫画家、イラストレーター。2007年にブログ『猛将妄想録』を開設、戦国武将を主人公にした漫画を発表。2011年から2013年まで、雑誌『歴史魂』にて、同題名で連載を行ない、単行本の『猛将妄想録』が発売された(※現在は電子書籍版が発売中)。
その後も歴史系の雑誌・書籍で、戦国時代にとどまらず、イラストや漫画を発表している。

熊本城おもてなし武将隊

熊本城おもてなし武将隊
戦乱の世を駆け抜けた九州の武士達が、平成の世にて、再び日ノ本を盛り上げるべく熊本城に集結。熊本城を拠点に威風堂々と日ノ本一のおもてなしを目指して参ります。

戦国時代立花家甲冑体験プログラム
-414年を経て、今再び出会う宗茂と誾千代-

このイベントは終了いたしました。

誾千代甲冑

立花家史料館では、館のミッションである<本物の歴史にふれ、誰でもが実感できる歴史と感動へ>導くための教育普及プログラムの一環として、戦国時代にあらわれた当世具足と呼ばれる甲冑の着装用レプリカを製作しています。このレプリカは素材や技法を出来る限り実際の甲冑に近づけたものにしており、展示ケースの中を覗くだけではわからない、具足の各部品の形やその意味、五感を通した着装感覚を知ることを通じて戦国時代を生きた人々の営みを実感することを目指しています。平成26年春からおよそ1年をかけて、柳川藩初代藩主立花宗茂の正室、誾千代着用という想定の具足(実際は資料が残っていないため、あくまでも想像のものとして製作)を立花家とゆかりの深い大友宗麟の白檀塗浅葱糸威腹巻(重要文化財)をモデルとして製作いたしました。すでに製作されている立花宗茂所用の具足に続くもので、女性が気軽に着装でき、藩主とその正室という形が揃うことになるこの機会に甲冑体験プログラムをお披露目イベントとして開催いたします。

日 時: 平成27年5月6日(水・祝) 13:00〜15:00
※ご応募いただいた方の甲冑着装体験は15時〜16時で行います。

場 所: 柳川藩主立花邸御花(福岡県柳川市新外町1) 松濤館2階元禄の間

内 容: 熊本城おもてなし武将隊による演舞(出陣武将:立花宗茂・黒田官兵衛・細川忠興)
熊本城おもてなし武将隊

特別レクチャー「当世具足の特徴―着装用レプリカ甲冑製作を通して」
  講師:西岡文夫(甲冑師、日本甲冑武具研究保存会副会長)
  聞き手:植野かおり(立花家史料館 館長)
西岡文夫氏

誾千代モデル甲冑着装体験募集は終了いたしました

特別ギャラリートーク・うぃず忠興
  15:00〜15:40 立花家史料館にて

  特集展示「刀を見る伝来を知る―柳川藩主立花家の刀剣」
  スポット展示「初代柳川藩主立花宗茂―伝来品からプロファイリング」
  展示担当学芸員が、熊本城おもてなし武将隊の細川忠興さんとの
  トークを交えた特別ギャラリートークを行います。
  入園料のみ必要です。
忠興
  ※入場の際の混雑を避けるため、ギャラリートークへの参加ご希望の方は
  イベント整理券配布時に事前にチケットのご購入をお願いいたします。

参加料: 無料
※「特別ギャラリートーク・うぃず忠興」のみ入園料が必要です。

参加方法:事前申し込みは不要ですが、お席には限りがありますので当日(5月6日)午前9時より立花家史料館受付にて入場整理券の配布(お1人様につき1枚)を開始いたします。開催10分前から整理券番号グループ順にご入場いただきます。ただし、お席に余裕がある場合、立見の場合は整理券をお持ちでない方もご入場いただけます。係員の誘導にそってお入り下さいますようお願いいたします。

参加特典:その1
ご来場者の方には「オリジナル宗茂と誾千代クリアファイル」をプレゼントいたします。
※プレゼントは入場時に整理券を確認の上お1人様1枚お渡しいたします。開演中、開演後のお渡しはいたしませんのでご注意下さい。
その2
九州国立博物館特別展「戦国大名―九州の群雄とアジアの波涛」のワークショップ「手作り兜を作ろう!」(5月5日開催)で作った黄金の兜を被って入場した方には素敵なプレゼントをご用意。お楽しみに!
九州国立博物館

※会場の広さから定員数はおよそ200名ですので、当日のご来場者数がそれを大きく超える場合、安全上、入場をお断りする場合もありますことをご了承下さい。

※当日はできる限り公共交通機関のご利用をお願いいたします。お車でお越しの場合は、近隣の有料駐車場をご利用下さい。

主 催: 公益財団法人立花財団 立花家史料館

協 力: 株式会社御花

後 援: 柳川市

※着装体験には沢山のご応募をいただき、ありがとうございました。特別先行予約および先行予約で定員数に達しましたため、募集は打ち切らせていただきます。

お願い
当日、狭い会場内での写真・動画撮影、録音は他の参加者の方々のご迷惑となりますのでご遠慮下さい。プログラム内で撮影のためのお時間を設定しております。指示にそってその間での撮影をお願いいたします。ミュージアムプログラムの関係上、着装体験者(ご応募に当選された)以外の個別の撮影対応はいたしかねますことご了解下さい。
応募者の着装体験中(15:00頃から)、見学は自由ですが、撮影はご遠慮下さい。

立花家史料館友の会 会員様限定特別企画
『歴史をつなぐ3つの物語ツアー(東京編)』のご案内

このイベントは終了いたしました。

写真
PDF(10.2MB)はこちら

立花財団発足一年目を記念して、友の会会員様限定の特別企画をご用意いたしました。

時代の変わり目に起こった様々な危機を乗り越え、立花家の歴史資産を今に繋いだ三人の当主、二代宗茂、十四代寛治、十六代和雄にスポットをあて、1日目は霞会館でトークイベントと晩餐会、2日目は立花家ゆかりの地をめぐります。一般的なツアーでは入ることの出来ない特別な歴史の場に入り、立花家の歴史を今に繋ぐ人々の話を聴きながら、歴史を体感する特別企画。さまざまな特典と記念品をご用意して会員のみなさまのご参加をお待ちしております。

参加特典

柳川藩主立花邸御花でのシークレットサービスチケット
「誾千代姫の鎧」着装イベント先行予約券
館長又は学芸員による立花家史料館パーソナルガイド予約券

参加記念品(1日目にご参加の方)

葉室麟著 『無双の花』(文春文庫)著者サイン本、 特製カバー、しおり付
『なんとかなるわよーお姫さま、そして女将へ 立花文子自伝』 単行本
『柳川の殿さんとよばれてー旧柳河藩第十六代当主立花和雄私史』 単行本
『歴史をつなぐ3つの物語』解説冊子
立花農園「橘香園」蜜柑搾り(小瓶)
立花家史料館ノベルティバッグ
柳川おもてなしグッズ

※2日目のみご参加の方には、解説冊子とノベルティバッグを差し上げます。

1日目 トークイベントと晩餐会

明治7年に創立された「華族会館」を前身とする「霞会館」で、霞会正会員である17代当主のゲストとして晩餐会に参加。当主や立花家の歴史に関わるゲストの方々との楽しいトークをお楽しみ下さい。

開催日 2014年11月14日(金)
参加費 8,000円 (税込) ディナー代を含む
募集人員 20名

※応募者多数の場合、抽選

2日目 立花家ゆかりの地めぐり

立花宗茂の実母の菩提寺として建立した「宋雲院」、江戸時代、立花家を含む多くの大名を檀家とした大寺院「広徳寺」(基本的には拝観謝絶)、柳河藩上屋敷跡周辺と西町太郎稲荷神社を散策します。昼食は広徳寺の旧加賀藩主前田家の大書院内でいただきます。

開催日 2014年11月15日(土)
参加費 5,000円 (税込) バス代・昼食代を含む
募集人員 20名

※応募者多数の場合、抽選

※2日目の「ゆかりの地めぐり」につきましては、原則的に現地集合現地解散とし、交通手段と食事に関する費用の概算として参加費をあげております。 当日参加者が直接該当業者に交通費や昼食費をそれぞれお支払いいただくというという形になりますので、財団から包括的な参加費領収書を発行することはいたしません。ご了承ください。

こども企画展「あつまる!アニマル!たまに・・・オバケ?」
お子さま向けイベントのご案内

このイベントは終了いたしました。

photo
おこさまチラシ(クリックで拡大)

こども企画展関連イベントはじめました。

夏休み期間中は毎日、小学生以下を対象とする楽しいイベントを開催しています。
くわしくは「おこさまチラシ」や「へっちゃらへいたろうしんぶん」をご覧ください。)

期間:平成26年7月19日(土)〜8月31日(日)

近世大名立花家初代・戸次道雪 生誕500年記念イラストコンテスト

近世大名立花家初代・戸次道雪 生誕500年記念イラストコンテストに多数のご応募ありがとうございました。審査結果は以下の通りです。
(受賞者の方には、立花家史料館から賞状および副賞を郵送しております)

結果発表

イラストの部
賞・副賞 受賞者 受賞作品
御花賞
「柳川藩主立花邸 御花」ペア宿泊券(2食付)
たま さん(岡山県) イラスト
立花家史料館賞
「柳川藩主立花邸 御花」お食事券1万円分
&立花家史料館ミュージアムグッズ
牧田理恵 さん(埼玉県) イラスト
豊後大野市観光協会賞
豊後大野市特産品詰め合わせ
れん さん(福岡県) イラスト
道雪の里・絆ネットワーク賞
平成25年産米「豊後国大野荘米」6kg
( ) さん(神奈川県) イラスト
九州歴史資料館賞
特別展
「戦国武将の誇りと祈り
-九州の覇権のゆくえ-」図録
すみれ さん(福岡県)
カスミ さん(香川県)
よっしぃ さん(福岡県)
ぬりえの部
賞・副賞 受賞者
三柱神社賞
図書カード
匹田佳歩 さん(北九州市)
大坪睦 さん(太宰府市)
瀧川七美 さん(田川郡川崎町)
倉富悠 さん(筑紫野市)
米倉愛弥 さん(小郡市)
利根愛菜 さん(大分市)
吉野しほ さん(豊後大野市)
羽田野桜妃 さん(豊後大野市)
後藤優月 さん(豊後大野市)
小野托乎 さん(豊後大野市)
荒木絢香 さん(豊後大野市)
小代竜也 さん(豊後大野市)
河野竜咲 さん(豊後大野市)
後藤愛奈 さん(豊後大野市)
後藤泰嘉 さん(豊後大野市)
後藤菜々子 さん(豊後大野市)
十時優里 さん(豊後大野市)
阿南美優 さん(豊後大野市)
内田翔 さん(豊後大野市)
友岡樹里 さん(豊後大野市)

初代柳川藩主「立花宗茂」所用甲冑着装用レプリカ完成記念
第1回 着装体験イベントのご案内

このイベントは終了しました。
次回開催が決まりましたらホームページでお知らせいたします。

 鉄皺革包月輪文最上胴具足

このたび、立花家史料館監修による初代柳川藩主・立花宗茂所用の甲冑「(てつ)(しぼ)(かわ)(づつみ)(がち)(りん)(もん)最上(もがみ)(どう)具足(ぐそく)」の着装用レプリカが完成いたしました。オリジナルは、戦国時代に制作された質実にして美しい姿の当世具足として日本でも有名な甲冑です。優れた武人として歴史に名を残した戦国武将・立花宗茂の遺品として代々立花家の家宝として伝来してきたものです。

本レプリカは、現代の名工である西岡文夫氏監修のもと西岡甲房で、本物を体感していただくべく本格的に再現されています。素材にも鉄、漆、金箔、長鳴鶏の羽などを使用し、総重量は13㎏もあるため、より本物に近い装着感を味わうことができます。宗茂所用と伝わる重要文化財「金熨斗刻(きんのしきざみ)鞘大小拵(さやだいしょうこしらえ)」の複製も作成いたしました。

日時:平成25年5月6日(月・祝)
1回目 11:00〜 2回目 14:00〜 3回目 16:00〜
各回の所用時間は約1時間といたします。

募集人数:各回1名 (合計3名)
※お申込み多数の場合、抽選といたします。

対象者:男女とも身長150cm〜190cm

会場:柳川藩主立花邸御花 御役間

着装料金:3,000円(税込)

甲冑の各部品について学芸員の解説を聞きながら順に身に付け、具足のしくみを学び、用と美の結実した甲冑の魅力を体感するプログラムです。

今回は、会場にて公開で行うプログラムであることをご了承の上、お申し込み下さいますようお願いいたします。

【お申込み方法】
返信先を明記した往復葉書Eメールにて、住所・氏名・電話番号・年齢・身長体重・希望回を明記の上、下記宛先までお申込み下さい。

申込締切:4月26日(必着) ※抽選結果を4月29日までにお知らせいたします。

立花家史料館 甲冑着装体験イベント係
〒832-0069 福岡県柳川市新外町1
E-mail :museum[at]ohana.co.jp ※[at]を@に変更してください。

特別展「誾千代姫伝説と立花家記」プレイベント第1弾
柳川藩主立花邸 御花 第1回イラストコンテスト

イラストコンテスト(テーマ「わたしの誾千代姫」)に多数のご応募ありがとうございました。審査結果は以下の通りです。

結果発表

一般の部 〈応募総数 29〉
賞・副賞 受賞者 受賞作品
御花賞
御花ペア宿泊券(2食付)
キクイチ さん イラスト
山本兼一賞
山本兼一氏がえらぶ
オススメ京都ギフト
なごや さん イラスト
ワカマツカオリ賞
ワカマツカオリ氏
直筆サイン入りイラスト
ツイタチ さん イラスト
立花家史料館賞
御花お食事券1万円分
&宗茂関連グッズ
たま さん イラスト
御花小路賞
御花特選ギフト
詰め合わせ
まきた さん
党カツヒロ さん
イラストイラスト
御花小路特別賞
御花特選ギフト
関嶋ゆみ さん イラスト
小学生以下・イラストの部〈応募総数 17〉
【審査は柳川市教育委員会に御協力いただきました】
賞・副賞 受賞者 受賞作品
柳川市長賞
賞状・副賞
竹田ことは さん イラスト
長洲町長賞
賞状・副賞
松藤海羽 さん イラスト
柳川市教育長賞
賞状・副賞
上津原宏和 さん イラスト
柳川商工会議所会頭賞
賞状・副賞
野田妃夏 さん イラスト
柳川市観光協会会長賞
賞状・副賞
西村翔太 さん イラスト
小学生以下・ぬりえの部〈応募総数 490〉
【審査は三柱神社に御協力いただきました】
賞・副賞 受賞者
三柱神社賞
賞状・副賞
きのしたかける さん
やましたれみ さん
あきしげひめは さん
うえむらさくと さん
こがはらじゅな さん
さるわたりここな さん
なかやまたかと さん
はしもとりんな さん
やまぐちろか さん
たかやまひなた さん
いなだゆか さん
きどともひと さん
ひらかわみずき さん
まつのあきひで さん
やまもとれんと さん
よしとみゆうせい さん
きむらなつき さん
こまつひな さん
はったしょうたろう さん
もりたくるみ さん

一般の部 審査員プロフィール

山本兼一氏
撮影:君塚和子

山本兼一氏
1956年(昭和31年)、京都市生まれ。
同志社大学卒業後、出版社勤務、フリーランスのライターを経て作家になる。
2002年、『戦国秘録 白鷹伝』(祥伝社)で長編デビュー。
2004年、『火天の城』(文藝春秋)で第11回松本清張賞を受賞。
2009年、『利休にたずねよ』(PHP研究所)で第140回直木賞を受賞。
その他の作品に、『まりしてん誾千代姫(ぎんちよひめ)』(PHP研究所)『いっしん虎徹』(文藝春秋)、『命もいらず名もいらず』(NHK出版)、『おれは清麿』(祥伝社)、『信長死すべし』(角川書店)、また、「とびきり屋見立て帖」(文藝春秋)、「刀剣商ちょうじ屋光三郎」(講談社)のシリーズがある。

ワカマツカオリ氏

ワカマツカオリ氏
2002年よりフリーのイラストレーターとして活動を開始。
書籍装画や雑誌、グッズデザイン、携帯コンテンツ、キャラクターデザイン など多方面で活動中。
小説インディゴの夜シリーズ(加藤実秋著/東京創元社)、ワカマツカオリ作品集(パルコ出版)、1000万人がプレイしたNo.1ソーシャルゲーム モバゲータウン『怪盗ロワイヤル』(DeNA)キャラクターデザインなど。

柳川文化協会総会記念公演
葉室麟トークライブ「立花宗茂を大河ドラマにするには」

このイベントは終了しました。

 葉室麟トークライブ「立花宗茂を大河ドラマにするには」

日時:平成25年4月28日(日)
10:45 開演(10:30 開場)

開場:柳川総合保健福祉センター「水の郷」水の郷ホール
「水の郷」交通案内はこちら

入場無料(要整理券)

・入場ご希望の方は、必ず事前に【お問い合わせ先】宛にお電話でお申し込みの上、整理券をお受け取りください。

・整理券の配布は4月18日から、城内公民館にて行います。

・座席指定はございません。先着順にお座りください。来場者多数の場合は座れない場合もございますので、予めご了承ください。

【お問い合わせ先】090-5749-6934(白谷)

葉室 麟氏

葉室 麟(はむろりん)
1951年、北九州小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2007年『銀漢の賦』で松本清張賞を受賞。2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞。同年受賞第一作として立花宗茂の後半生を描いた『無双の花』が刊行される。

植野かおり

パーソナリティ
植野かおり
立花家史料館 史料室長

第2回 立花宗茂検定

立花宗茂検定

立花宗茂所用「大輪貫鳥毛頭形兜」2分の1レプリカ
立花宗茂所用
「大輪貫鳥毛頭形兜」
2分の1レプリカ

第2回立花宗茂検定は終了しました。

立花家17代当主公認の第2回立花宗茂検定を実施します。
最高得点者1名には立花宗茂所用「大輪貫鳥毛頭形兜」2分の1レプリカを、次点1名にはワカマツカオリさんのイラスト(額入)を贈呈!
さらに、受験者全員に参加賞をプレゼントします。

実施要項

日時:平成25年4月7日
受付開始:13:30
入室時間:14:00
試験の説明:14:05〜
宗茂検定:14:15〜15:00(45分間)

場所:柳川藩主立花邸御花 松濤館2階

受験料:2,000円

出題内容:立花宗茂に関する事項
特別展「誾千代姫伝説と立花家記」に関する事項

出題方法:四者択一方式の筆記試験  60問

試験時間:45分

定員:50名

結果発表:後日郵送で通知
レベルに応じて認定証を贈呈

申込方法

応募締切:平成25年4月3日(水)

はがき、e-mailのいずれかで「宗茂検定受験希望」と明記の上、申込者の氏名・住所・電話番号を記入してお申し込みください。

受験料は当日会場にてお支払いいただき、引き換えに受験票をお渡しいたします。

定員に余裕がある場合に限り、当日会場にてもお申し込みをお受けいたします。

受験にあたっての注意事項
申し込み先

立花家史料館
〒832-0069 福岡県柳川市新外町1
e-mail:museum[at]ohana.co.jp  ※[at]を@に変更してください。

第1回イラストコンテスト テーマ「わたしの誾千代姫」応募作品展

このイベントは終了しました。

昨秋実施したイラストコンテスト「わたし誾千代姫」にご応募いただきました、全作品536点(一般の部、小学生以下イラストの部、小学生以下ぬりえの部)を展示いたします。すばらしい力作の数々を是非ご覧ください。

期間:平成25年2月23日(土)〜4月14日(日)
会場:柳川藩主立花邸御花 入園無料エリア

葉室麟氏 × 中野等氏 トークショー「立花宗茂 -小説と史実-」

このイベントは終了しました。

立花宗茂

今年1月に第146回直木賞を受賞された葉室麟氏の受賞第一作は、柳川藩初代藩主・立花宗茂をえがいた歴史小説『無双の花』です。福岡県久留米市在住で執筆活動を続けられている葉室氏は、立花宗茂を「男の理想像」と語っていらっしゃいます。

また、立花宗茂の研究において第一人者である九州大学の中野等教授は、その著書や講演で、伝説として語られることも多い宗茂の生涯を、史実に基づいて明らかにしようとされています。

このたびのトークショーでは、お二方それぞれの視点から、小説と史実における立花宗茂のイメージを語っていただき、昨今の「立花宗茂」ブームの秘密に迫ります。

日 時:平成24年5月27日(日) 14:00〜(会場 13:30)

会 場:柳川藩主立花邸御花 松濤館2階 元禄の間
※園内の駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。近隣には有料駐車場もございます。

出演者:葉室 麟(はむろ りん)氏 :作家、第146回直木賞受賞
中野 等(なかの ひとし)氏:九州大学大学院教授、柳川市史編集委員

料 金:500円
※当日に限り、トークショーチケットの提示で立花家史料館・松濤園などの有料スペースに入園することができます。
※当初は当日販売のみの予定でしたが、多数のお問い合わせをいただきましたので、急遽、チケットの前売りをすることにいたしました。なお、当日券も十分にございます。また、お席は当日先着順です。

後 援:柳川市教育委員会

葉室麟氏 サイン会開催

トークショー後に『無双の花』の即売、および、葉室氏によるサイン会を開催します。
※柳川藩主立花邸御花にて『無双の花』をご購入の方に限定させていただきます。

葉室 麟 氏

葉室 麟 氏

中野 等 氏

中野 等 氏

宗茂3ウィークス開催!

このイベントは終了しました。

立花氏庭園の世界 2011年7月9日〜12月4日

初代藩主・立花宗茂が亡くなったのは、寛永19年11月25日。 この日を新暦で換算すると、1643年1月15日になります。 そこで命日である1月15日から3週間を「宗茂3ウィークス」と題してイベントを開催。 期間中は宗茂に関するいろんな企画が目白押しです。 さぁ、M3Wに参加して、君も立花宗茂に思いを馳せよう!
期  間: 平成24年1月15日(日)〜2月5日(日)

イベント:・立花宗茂の肖像画&自筆書状の特別公開 ・立花宗茂宛伊達政宗書状の特別公開 ・期間中、史料館入館者全員に、ミュージアムグッズ「立花宗茂ポストカード」プレゼント ・葉室麟『無双の花』(1月28日発売予定)サイン本販売(限定15冊 ※お一人様一冊限り) ・蜜柑搾りミニ〜宗茂バージョン〜販売 ・宗茂3ウィークス限定宿泊プラン ・期間限定オリジナルメニュー    など

期間限定オリジナルメニュー

対月館  宗茂せいろ 3,300円  [特上せいろ(鰻まるごと一匹)・特製ランチョンマット・三柱神社の宗茂おまもり付] 集景亭・うぃすてりあ  宗茂鎧餅セット 500円  [抹茶・越山餅 特製敷紙に乗せて]

国名勝指定記念講演会 関連イベント

このイベントは終了しました。

国名勝指定記念講演会「煎茶空間からみた九州・柳川」(11/26)に伴い、下記のイベントを開催いたします。
詳細はこちらをご覧ください。
記念講演会プレイベント
平成23年10月23日(土)・23日(日) お庭歩きと抹茶を楽しむ
記念講演会ワークショップ
平成23年11月26日(日) お庭歩きと煎茶を楽しむ

特別展「立花宗茂」

平成22年11月13日(土)〜平成23年1月10日(月・祝)
特別展は終了しました。

特別展「立花宗茂」の開催あわせて、様々な関連イベントが企画されています。
詳細はこちらの特設サイトをご覧ください。随時更新していきます。

特別展「立花宗茂」 平成22年11月13日(土)〜平成23年1月10日(月・祝)

御花 立花財団