立花家史料館 Tachibana Museum

ホーム  >  講座と催し  >  文化講座・講演会のご案内
文化講座・講演会のご案内

文化講座

文化講座

柳川の歴史と文化を中心に、大名文化や古美術の世界を楽しむための講座です。

文化講座の年間受講受付は随時お申込みいただけます。
また、国指定名勝「立花氏庭園」と立花家史料館(文化講座含む)をよりお楽しみいただくための「立花家史料館友の会」もご案内しております。詳細はこちら(年会員 入会案内)をご覧ください。

2016年度(平成28年度)立花家史料館文化講座のご案内

日 時 平成28年5月から平成29年3月まで 隔月1回(全6回)
奇数月第3水曜日(7月のみ第4水曜日) 14:00〜16:30
場 所 柳川藩主立花邸 御花(都合により変更する場合がございます)
受講料

通年で受講される場合:1年間 3,000円(全6回12講座 )

通年で受講されない場合:1回につき1,000円
お好きな回だけ受講できます。

〈通年受講特典〉

年間6回まで立花家史料館を無料でご観覧いただけます。
受講証のスタンプ欄が期限内にいっぱいになった方
 (年間6回入館された方)には記念品を差し上げます。
受講証の呈示で講座開講日の柳川パーキングの駐車料金が無料になります。
※松濤園・西洋館などのご見学には別途入園料が必要です。

申込方法

[通年での受講]
立花家史料館へご来館の上、申込書にご記入ください。
なお開講当日のお申し込みも受け付けます。
※お申し込みは年度の途中でも随時受け付けております。

[一回のみの受講]
はがき、FAX、電子メールのいずれかの方法で、受講希望回を明記の上、申込者の氏名・住所・電話番号(FAXによるお申し込みの場合、FAX番号)を記入してお申し込みください。

主催(申込先) 公益財団法人立花財団 立花家史料館
〒832-0069 柳川市新外町1
TEL 0944-77-7888 FAX 0944-77-7890
E-mail info@tachibana-foundation.jp

後援:柳川市教育委員会
【お車でお越しの方へお願い】
近隣の有料駐車場をご利用いただきますようお願い申し上げます。
なお「柳川パーキング」をご利用の場合は「柳川文化講座受講のため」とお申し出ください。その場合に限り無料で駐車できます。
2016年度 立花家史料館文化講座 年間スケジュール
第1回 2016年5月18日(水)『へし切と雷切、その主たち-俺色に染まれ-』
刀剣・武具の伝来から見た福岡藩主黒田家の歴史 宮野 弘樹(福岡市博物館 学芸員)
藩主所用の武具がいかにして
家宝になっていったか
植野 かおり
(公益財団法人立花財団 立花家史料館 館長)
第2回 2016年7月27日(水)※第4水曜日
「柳川藩主立花邸御花」入門 内海 高子
(公益財団法人立花財団 立花家史料館 主任学芸員)
柳川藩主立花家伝来のオバケの絵巻 坪内 広子
(公益財団法人立花財団 立花家史料館 主任学芸員)
第3回 2016年9月21日(水)
晩年の安東省菴(仮) 田渕 義樹(柳川古文書館 副館長)
三池藩立花家の歴史(仮) 梶原 伸介
(大牟田市立三池カルタ・歴史資料館 館長)
第4回 2016年11月16日(水)
近世大名有馬家の家臣たち 穴井 綾香(久留米市市民文化部文化財保護課)
最後の藩主鑑寛と純姫 白石 直樹(柳川古文書館 学芸員)
第5回 2017年1月18日(水)
柳川城関連遺構について 堤 伴治(柳川市生涯学習課文化係 係長)
茶の湯釜の名器、芦屋釜〜その歴史と名品〜 新郷 英弘(芦屋釜の里)
第6回 2017年3月15日(水)
侯爵鍋島家の雛祭り 富田 紘次
(公益財団法人鍋島報效会 徴古館 主任学芸員)
柳河人物小伝 その5 江島 香(柳川古文書館 学芸員)

※演題は、都合により変更されることがあります。その場合、通年受講者へはあらかじめご連絡いたします。

過去の文化講座

御花 立花財団